ブログの恥はかきすて

好きなことを書き散らします

2017年はスマホで360度ライブ配信してVRで見るのが本格化するのかも

VRって、3Dのときみたいにコケるんじゃないかと思っていたんですが、最近急に「VRが本当に普及するんじゃないか」という気がしてきました。

 

VRが普及しないと思っていたのは、ビューアが高い、制作環境が高いし面倒だしで、ハードルが高すぎると思っていたからです。実際、VRの本命のひとつとされていたPSVR(Playstation VR)の国内の初期出荷は5万台前後と伝えられ、予想通りのスロースタートでした。

www.moguravr.com

 

VR関係のメディアは、年内にVSVRが全世界で140万台売り上げるという予測もしていますが、それもちょっと眉唾ではないかと思っています。なにより対応タイトル数が少ないしまだキラーコンテンツもない。こういった専用VR機器はまだまだ普及に時間がかかりそうです。

www.wareable.com

 

 

いっぽうで、Googleダンボール製VRゴーグル「Cardborad」など、スマホを使ったお手軽VRゴーグルがいつの間にか花盛りになっています。

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_ss_i_1_4?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Delectronics&field-keywords=cardboard&sprefix=card%2Cundefined%2C245&crid=1NI2KS5TZXGXO&rh=n%3A3210981%2Ck%3Acardboard&tag=chrome00-22

 

YouTubefacebookTwitterなどのプラットフォームが続々と360度動画に対応しており、さらに最近はライブ配信もできるようになりました。

jp.techcrunch.com

 

gaiax-socialmedialab.jp

 

nlab.itmedia.co.jp

 

問題は、配信する機器の問題ですが、iPhoneに装着して360度ライブ配信ができる「Giroptic IO」という商品がまもなく発売されるようです。

価格は249ユーロ。出荷は1月17日から。

www.giroptic.com

japanese.engadget.com

 

前後に2つの魚眼レンズ(F1.8)がついていて、これをリアルタイムで貼り合わせて360度映像を作成するようです。

 

スポーツやコンサートやお祭りなどの様子をこれでライブ配信したら、楽しそうですね。

 

モノではなくコト(体験)を買う時代だとよく言われますが、ライブ配信のよる集客にも、記録画像をコンテンツにして販売するにも、カメラ、配信プラットフォーム、ビューワの3者が安価に揃えられる状況は好ましいものです。

 

あとは、キラーコンテンツの登場か…。